あらゆる分野における女性の参画を促進し,人材育成や積極的登用など,女性の能力を引き出し十分に発揮できる仕組みづくりに民学官が一体となって取り組むことで,本市全体の活性化と男女共同参画意識の底上げを図り,鈴鹿市男女共同参画都市宣言にある「誰もが個性と能力を十分発揮し,夢を持って暮らせるまち鈴鹿」の実現を目指すことを目的とします。


 連携会議では,本市における女性活躍推進の方針や取組の方向性について共通認識を高め,現場の課題解決に向けた事業を展開します。

 (1) 女性の参画を促進し,その能力や意欲を高める職場づくりに関すること
 (2) 男女が互いを尊重し,ともに活躍できる職場づくりに関すること
 (3)「女性活躍推進法」に基づいた具体的な目標設定に関すること
 (4) 連携会議が主催する研修会等への参加促進や情報発信に関すること

組織

 (1)代表・・・会議を代表し連携会議を総括します。
 (2)幹事・・・代表とともに連携会議の中心となり女性活躍推進に取り組みます。
 (3)オブザーバー・・・会議に関して専門的な視野からサポートします。
 (4)会員・・・会議の構成メンバーとして積極的に事業に参加します。


平成26年10月に従業員数50人以上の事業所を対象にアンケートを実施しました。
調査の対象 市内に本社、支店などを有する事業所110社 有効回答数 60件(回収率54.5%)

①従業員の男女割合

女性従業員の比率は、「医療福祉」の業種以外のほとんどで30%前後でした。「建設業」においては0.1%と、女性従業員はほとんどいません。

②管理職に占める女性の割合

係長職が最も多く約20%でした。管理職全体では約12%であり、まだまだ女性の管理職登用が進んでいない状況が現れています。

③女性管理職数が少ない理由について

女性の管理職登用については、人材育成や働き続けることができる就労環境が最も必要であると同時に、
女性自身の意識改革も必要であると考えられます。

事務局:〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸二丁目15番18号(かんべ再開発ビル3F)
TEL 059-381-3113 FAX 059-381-3119 E-mail danjokyodosankaku@city.suzuka.lg.jp